Mac The Ripper使い方: MacでDVDをiPad, iPhone, iPodに入れるガイド|開けないエラーへの対策

Mac The Ripperを利用して、MacでDVDをiPad/iPhone/iPodに取り込む方法

MacTheRipper

たくさんのDVDコレクターは友達とDVD動画をシェアしたり、破損と紛失を避けるよう、DVDファイルをコンピュータのハードドライブにバックアップしたりすることに困るという状況にぶつかったことがあるだろう。枚挙にいとまがないほど多くのDVDリッピングソフトの中で、Mac OS X 用DVD 無料変換ソフト(抽出ソフト)として知られるMac The Ripperを聞いたことがあるだろう。Mac The Ripper(マックザリッパー)は、商業化DVDをハードドライブに抽出し、DVD発行商によるDVDに取り込まれたコピープロテクト及び地域コードが解読できるちょっと古いソフトウェアである。

Mac The Ripper(マックザリッパー)は、CSS、MacrovisionというDVDプロテクトを解除し、DVDディスクをリージョンフリに設定し、リージョンをチェックするRCEが対応できる。ARccOSのコピー保護も対応できる。合法的に購入したDVDをハードドライブにバックアップするルーツそのものである。

さて、Mac The Ripperを利用して、DVDをiPhoneiPadiPodと互換性があるフォーマットに変換したいの?そうしたら、いつでも、どこでも、iPad, iPhone, iPodで気に入る映画が視聴できる。本文はMac the Ripper使い方についてご紹介する。Mac The Ripper を利用して、MacでDVDをiPadに、MacでDVDをiPhoneに、MacでDVDをiPodに変換する方法を解説していこう。

ダウンロードはこちら>>

Step1:Mac The Ripperをダウンロードしてから、インストールしてください。ただ.dmgをダブルクリックしてから、簡単にマウントできる。そして、Mac The Ripperをあなたのアプリケーションフォルダ(アプリケーションフォルダに限っていない、ほかのフォルダも結構)にコピーする。必要すれば、「Mac The Ripper使い方:活用ガイド」に従って操作してください。 

Step2:Mac The Ripperを利用して、DVD を無料変換する。インストールしたMac The Ripper最新版を起動してから、DVDディスクを入力してください。そして、適用する場合に、RCEオプションを設定する。Mac The RipperはドライブにあるDVDをスキャンした後、「DISC RCE: -CLEAR-」を示したら、リージョンコードを「OFF」にして、つまり、デフォルトというオプションを選ぶ。RCEが「-CLEAR-」と示されたら、「RCE Region」を「OFF」に設定しなければならない。

ヒントMac The Ripperは「DISC RCE: -DETECTED-」を示したら、DVDを購入したところのリージョンオプションを設定する必要がある。例えば、北米(リージョン1)で購入したDVDの場合、MacTheRipperはRCEが解読されたと示したら、「RCE Region」を「RCE 1」に設定しなければならない。

個人のニーズに応じて、抽出とオプションの種類を選択したら、「ディスク」タブに戻って、「GO!」ボタンをクリックして(「Enter」か「Return」ボタンを押しても結構)、抽出プロセスを始めよう。

Step3:以上のプロセスが終わったら、保存先でフォルダを指定してください。Mac The Ripperによって抽出された出力プロファイルは.VOBの形式で保存される。

f:id:software-technology-2017:20170214111336j:plain

 追記:リッピングした後どうしたらいいかわからない人が結構多いようで、以下に焼きソフト、編集ソフトのリストを追記する。

matome.naver.jp

software-technology-2017.hatenablog.com

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp